0コメント

映画 ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)

今回はこちら
160379_01.jpg
ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム) です

現在やっている映画、ドラえもん のび太の宝島 ですが、その記念ということで地上波で流れていた2つの内の1つ

まぁ特に見ようと思った訳ではなく番組欄でたまたま見つけて撮り溜めしていて暇だから見たという感じ。

ちなみにこの映画のあらすじとしてはある日ドラえもんが大切な胸の鈴を失くしてしまう所からのお話。

実はそれは盗まれていて、その鈴を探し出すためにのび太は探偵セットに身を包みヒントを得てひみつ道具ミュージアムに行くんです
GALLERY009742_3.jpg
探偵アイテムの1つで閃いたのび太

まぁなんだかんだ取り返すんです。
実はこの映画、個人の意見としては全体を通して感想があまりないという・・・。

映画といえば、普段はダメダメなのび太君がもの凄く勇気あるかっこいい少年へとなり、物語の真ん中へとなっていくんですが、今回はのび太君は特に出番らしい出番なくドラえもんがクライマックスで覚醒して立ち回る感じでしたね。

さて、だからといってなにもないなら、こんな記事書こうともしません。あるんですね、感動ポイントが!

まぁあくまで、個人の見解であるのでご了承を。

この物語はドラえもんが鈴を失くしてそれを探すというお話。しかしドラえもんの鈴は本来、型が古くもう取り扱っているものもないほどの旧型。失くしても買いなおせばいいだけの執着するほどの物でもないという代物。

しかしなぜにこんなに大切にするかというとそれは話がさかのぼります。
16465064_247003925726199_9104027862205202432_n.jpg
(回想中…。)

ドラえもんが未来から来て初対面で、のび太君の教育係に任命されそれからいろいろとお世話をします。しかしなにをやってもダメでドジなのび太君は本当にダメでした。

ある日、二人でキャッチボールをしていました。いつも通りダメでドジなのび太君はドラえもんに散々言われて思わず拗ねてキャッチボールを止めてしまいます。そこでドラえもんは

「君は、根性もないのか」

とキツイ追い打ちを浴びせのび太がうるさい、とドラえもんをのけようとした時に胸の鈴に手が当たり、鈴がどぶの中に入ってしまいます。その時にドラえもんは一瞬悲しい顔をします。

それを見ていたのび太。
それからのび太はドラえもんと鈴を探します、時間にして何時間でしょうか、昼にキャッチボールをして夕方で早く帰らないとママに叱られると、ドラえもんが諭しても、のび太は探し続ける始末。

しかしとうとう見つからずのび太がドラえもんに、ごめん と謝り、2人で帰ろうとした時になんと靴の中から鈴が見つかったのです。そしてそれに2人は大笑い。
その時にドラえもんは「初めて君と本当の友達になれた気がした」と感じたのです。

つまりこの誰にも価値がない古いだけの旧型の鈴にドラえもんが執着する理由は、かけがえのない大切な思い出があるからだったのです。

そして物語の最後にそれはとうとう見つけ、2人で元に戻す感動シーン
DW2T1y4VQAEsyCp.jpg
ダウンロード.jpg

のび太も忘れていたけど鈴を見つけた時に全て思い出し、そしてドラえもんに言われた言葉を思い出していました。そして、2人は昔を思い出しながら鈴をくっつけて、END.

今回のこの話、かなり感動したのがドラえもんが鈴を大切にした理由と、最後に訪れるのび太が過去を思い出し回想したときにドラえもんに言われた言葉。

ドラえもんが大切にしたのはただの鈴なんかではなく、なににも代えがたいたった1つの思い出が詰まった鈴だったのが、もう泣けてしまうエピソード。しかもこの気持ちにすごく共感してしまいました。
した側というのはあまり覚えてないかもしれませんが、された側というのは、本当に感動したときにそれをずーっと覚えているというもの。しかもその恩1つでずっーと嬉しい気持ちになれるもの。自分にも幼稚園児時に優しくしてくれた人、その時その情景は今でも覚えてますし、今でもその人を見つけるともの凄くうれしい気持ちになりますし、その思い出はいつまでも大切にしたいと思っています。

そして、のび太の回想でドラえもんが言った言葉、それは…

映画を見てお楽しみください!!!

全てネタバレするというのもなかなかナンセンスなんだと最近気付きましてですね。笑

今回はあえて伏せて終わろうと思います。確かにそこで言われる言葉は決してもの凄い人生に残るような言葉ではないです。しかし、あの時にあの言葉を言ったからこそ2人は本当の友達になれたのじゃないか。と自分は思うんです。

しかしこの感動をきちんと感じるには映画を全部見ないと重みが変わるので、是非とも見てみてください!映画ドラえもんはアニメ時と違って絵も変わりますし、なんたってひみつ道具がたくさん出るので好きな人は超楽しめる作品になっているはず!

それでは、クレヨンしんちゃん派の自分の感想はここでおしまい。
(元も子もない…。)

ちなみに今回の映画 ドラえもん のび太の宝島 の主題歌 ドラえもん は星野源さんが歌ってますが、あの歌の世界観、感じ、個人的にはどストライク過ぎて曲をヘビロテしています。
どどどどどどどどどどどドラえもん♪
og.jpg

PS,そろそろクレしん映画の感想も書こう…。


この記事へのコメント