0コメント

ワンピース エピソードオブアラバスタの感想


今日は前から見直したいなと思っていたワンピースの映画を見ました!
e0064292_194439.jpg

このポスターはそそりますねぇ 笑

ワンピースを知ってる人以外は置いていくことになるんですが

まぁどんなストーリーかは説明不要ですよね 笑

この中で好きなシーンが2つあります。

見直したら、忘れていた感動を思い出して実際はもっといっぱいあるのですが

まず1つ目はウソップのあの名言

「男にゃあ・・・どうしても戦いを避けちゃならねぇ時がある!

仲間の夢を笑われた時だ!!」

usopp1.jpg

ここが最高にかっこいいですよね!

それこそアラバスタ編で1,2を争う感動ポイントです(個人的に)

みんなでビビを助けるために散らばったときに一人だけ震えていたはずなのに




いざという時のかっこよさの振れ幅は間違いなく1位ですよね!

普段はビビリなので振れ幅があって当然ですが笑

このシーンは敵に押されていてまさにトドメを刺されてしまうときに

突然、共にいるチョッパーに向けて言った台詞です。

顔面にもろに攻撃を受けて、立てないほどのダメージを受けたにも関わらず

この台詞をいう。

このかっこよさは本当に映画を見てみてください

画像も映画ではなく、あえて原作のほうから引っ張ったのは

やはり、こっちの方が味がありますよね。

次に2つ目

これは言うまでもなく別れのあのシーンですよね

ベタ過ぎてつまんないと思われそうですが、アラバスタ編において

ここを欠かす事は出来ません。

ビビが別れを言いにきて本当は言葉を交わしたいけど

海賊と王女様であるため、それが出来ない

その時に言葉の代わりに仲間の印を掲げる

それがこれ
ワンピース.jpg

はい、感動。

ここまで来るのに紆余曲折、山あり谷ありの困難が多くあったけど

それを乗り越えたからこそ

その乗り越えた過程を見ていたからこそ!!

このシーンは涙なしでは見れませんね!

ワンピースは昔からアニメでも漫画でもずっと見てきたので

まだまだ良いシーンがいっぱいあるのでまた話したいなと思います!

今日はここで終わります。


この記事へのコメント